幼稚園受験に受かるのはどのような子供達が多いのか

幼稚園受験を考えている親御さんにとって、どのような対策をすれば志望した幼稚園に受かることができるのかは最も知りたいことと言えます。受験には集団テスト、個別テスト、親子遊びや課題をこなすなど、園によって様々なかたちが取られますが、半分以上が親の受験と言っても過言ではありません。しかし特別なことは特になく、他のお友達と一緒に遊ぶことができる社会性、一般的な体力、歳相応の発達や家庭環境、躾などが大切になります。幼稚園の場合は、高校や大学などの入試試験と違って、重要なのはペーパーテストで良い点を取ることではなく、豊かな心を持ち、情緒が安定し、意欲的なことです。そのためにも、毎日規則正しい生活をして、外で思い切り遊んで家庭環境が安定していることが大切です。

面接のために必要な準備について

幼稚園受験では、面接を実施するところがほとんどです。子どもへの質問は特に難しいものはありません。自分の名前や好きな遊びを聞かれたり、挨拶がきちんとできるかなどがポイントとなります。面接で知らない人を前にしても、状況をある程度理解して挨拶や聞かれたことに答えることができれば問題ありません。そのためには、普段から基本的な挨拶や返事などの習慣をつかさせておくことが大切です。また、親に対しても質問があるので、普段から夫婦の間で話し合って意思の疎通が行われていると質問に困ることはありません。また、言葉使いはどうか、家庭環境は安定しているか、なども大切なポイントとなります。面接では、子どもの態度や仕草もみられるので、普段から両親の身だしなみや行動、振る舞いをきちんとするようにしましょう。

受験のための子どもの準備について

子どもは、親の影響を大きく受けます。そのため、精神の発達や言葉の発達、基本的な生活習慣などができるように普段から積み重ねていくことが重要です。人の話を聞く、挨拶ができる、年齢相応の発達は、規則正しい生活と当たり前の躾で育ちます。家庭では、子どもが意欲的に取り組んでいることを邪魔せずに見守り、必要な時だけ助ける、毎日決まった時間に寝て起きる、家族みんなで過ごす時間を作る、たくさんの会話、一緒に何かをして共感する、など毎日をどのように過ごすかで子どもは必要なことを吸収して成長していきます。幼稚園受験では、このように、子どもが歳相応の基本的なことが身についているか、お友達と仲良く遊べるか、など基本的なことが見られます。子どもにストレスを与えないように、楽しく事前準備することが大切です。