実際に幼稚園受験を受ける前に知っておいた方が良い事

かわいい子供をより良い環境で育てたいと考えている人は、幼稚園の受験を考える事もあるのではないでしょうか。公立の幼稚園に入園させるよりは、設備が整っていたり、しっかりとした教育を受けさせることができたりするというメリットがあります。しかし、私立の幼稚園受験をする際、安易にお子さんを受験させてしまうと失敗してしまう事もあります。また、親自身が後悔してしまう事もあります。もし、これから自分の子供を私立の幼稚園に入園させようと考えている人は、事前にしっかりと下調べをしましょう。今回は、両親が知っておいた方が良い情報と、お子さん自身に知ってもらうべきことをご紹介させていただきます。願書を提出する前に、受験することの意味や目的を再確認するきっかけになればと思います。

親が知っておくべきこととは何か

まず、幼稚園受験の際、親が知っていなければならない事がいくつかあります。まず、私立の幼稚園に子供を通わせる親は、身だしなみにかなり気を使います。TPOに相応しい服装であるように気を付けましょう。また、私立の幼稚園では、勉強をする時間や、レベルの高い運動をする時間があります。そのため、家庭での復習が必要になる場合もあります。子供と一緒に過ごす時間を大切にし、幼稚園での勉強をフォローする必要があるため、フルタイムで働きたいと考えている人には時間のやりくりが大変かもしれません。教育費にお金がかかる事はもちろん覚悟しなければなりません。以上の事を踏まえて、心身共に余裕を持って子供と接する時間を作るようにしましょう。

子供が知っておくべきことは何か

次に、小学校受験をする子供が知っておくべきことをご紹介します。幼稚園によって教育方針は異なりますが、勉強に力を入れている幼稚園の場合は、公立の幼稚園に通っている子供より遊べる時間が少なくなる可能性はあります。もちろん、幼稚園でのスケジュールの中に遊ぶ時間は含まれていますし、家に帰ってからも時間はあるかもしれません。しかし、勉強に費やす時間が長くなる場合には、興味を持って学ぶことができるような環境作りが大事です。受験をする前に、お子さんが自ら勉強をしたいという意志を持てるように親がサポートし、子供自身もまた勉強をする事を認識する必要があるでしょう。もし、おとなしく机に向かえなかったりすぐに飽きてしまうお子さんであれば、個性に合った教育方針の幼稚園を選ぶか、公立の幼稚園に通わせながら小学校の受験を考えるという選択肢もあります。