幼稚園受験勉強の準備をする前に知っておくべきこと

最近では高校や大学受験だけではなく幼稚園受験も主流になりつつあります。受験をして幼稚園に入園すればその後は小学校へ、そして中学校から高校へとエスカレーター式で進学することが出来ます。受験の競争率は非常に高く難関な試験もあり、勉強が大切とされています。勉強が出来れば幼稚園の選択肢が広がり、その後も小学校や中学校へエスカレーター式で進学することが出来ます。ですが受験勉強をする前に知っておくべきこともあります。勉強をする前に知っておかなくては後から後悔することもある為、しっかりと確認しておくべきです。受験勉強の準備はその他の事項を確認して知ってからでも遅くはありません。では受験勉強の準備をする前に知っておくべきこととは一体どの様なことなのでしょうか。

幼稚園によって試験内容は様々です。

受験や入園を希望している幼稚園ごとに試験内容が異なります。どの幼稚園も幼稚園児向けの問題が出題されることに変わりはありませんが、出題される傾向や重視される点は異なります。多くの幼稚園受験では考査が行われます。この考査も受験する幼稚園ごとに重視される内容が異なります。子供の趣味や思考が重視されることもありますし、家庭での生活が重視されることもあります。これらのこと以外にも、運動能力や簡単な問題が解けるか等の実力が重視される場合もあります。重視される点は受験する幼稚園によって異なる為、受験する幼稚園で重視される項目について良く知っておくべきです。重視される点をあらかじめ知っておくことで重視される部分を重点的に勉強することが出来ます。

勉強だけではなく面接対策も大切になります。

幼稚園受験では勉強を重視しがちですが、実際には勉強ができることよりも、しっかりと受け答えが出来るかで受験が行われる場合もあります。多くの幼稚園では受験の際に面接が行われます。この面接で行われるのは面接官と子供の質疑応答ですが、聞かれることは簡単な内容です。名前や好きなことなど自己紹介程度のことを聞かれます。面接でしっかりとはっきりとした返事が出来るか、礼儀正しく挨拶が出来るかなどが重視されることがあります。その為勉強だけに力を入れるのではなく、面接への対策も同時進行で行う必要があります。面接の対策は実際に面接で聞かれそうな質問を用意して実際に面接の形式で行ってみるなどで大丈夫です。受験する幼稚園によって勉強が重視されるか、面接が重視されるかは異なりますが、面接でのイメージは好印象につながるので、しっかりと面接対策をしましょう。

「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 【幼稚園受験】大人気!総合コースはこちら